みんな大好き!ガパオライス!

投稿日:
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestBuffer this pagePrint this page

ガパオライス? バジル炒め?

日本での一般名はよく知りません。

なんせ初めてなんとなくタイに来てから、8ヶ月後にはもう日本離れちゃいましたから。

それまでタイについて知っていたことは、社会の教科書レベルのことだけ。あとはトムヤムクン。

 

ガパオライスでもバジル炒めでも、どっちでもいいんですが。

タイ語では『パッ(ト)ガパオ』。

そのあとに『ガイ(鶏)』『ムーサップ(豚ひき肉)』『タレー(シーフード)』などなど、一緒に炒める具材名を続けます。

これもうド定番。屋台とかだと必ず食べてる人いんじゃね?ってレベル。中華定食屋のレバニラ炒め定食、いや間違いなくそれ以上のレベル。

中でも写真の『パットガパオ・ムーサップ』、豚ひき肉のバジル炒めは最強。『カイダオドゥワイ』、目玉焼きも付けてー! を忘れてはならない。

なんなんでしょう、このバジルの風味。ただの炒め物にぱらっと入るだけで、こうも芳醇に口の中に広がるしあわせ感。

どこで食べてもハズレが少ない、ある程度の水準は確保されている。それだけどこでも一般的に食べられているってことでしょう。日本の食堂で、くそまずい味噌汁にあたる可能性が少ないのと同様に。わたし、「うわっ!この味噌汁だめだ」ってのにあたったことないんですけど。

ゆえに、わたしの屋台での注文確率、50%を軽く超えると思います。サラダ代わりにソムタムつけてね。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestBuffer this pagePrint this page

コメント コメントを追加

  1. 尾藤恵子 より:

    雨にも降られず、バンコク満喫中!
    昨日はありがとございました。

    1. masanorisanta より:

      恵子さん

      いえいえ、どこへでも飛んでまいります^^
      残りの時間も、満喫していってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です