タイ米のチャーハンはただそれだけで食べる価値がある

投稿日:
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestBuffer this pagePrint this page

四の五の言わずに食べる!

191043

どこでも食べられる超メジャーな料理、チャーハン。

タイ語ではカオパット。炒めたご飯。

メインの具は、豚・鶏・魚介、エトセトラ。

トムヤムとかグリーンカレー風味のゴージャスなものもある。

超シンプルな、豚チャーハン、カオパット・ムー。

備え付けの、唐辛子を漬け込んだナンプラーをパラっとふりかける。

マナオと呼ばれるタイのライムをちょっとしぼる。

日本米と比べると細長くてパサパサしてると言われるタイ米。

日本食でタイ米が出されてきたら、ちょっと残念な気もするが、

やっぱりタイ料理には日本米よりタイ米のほうがいい。

至極当然のこと。

油と調味料で、具材と結び付けられたタイ米が、

ほんといい感じで口の中でパラパラっとほぐれていく。

単品で食べても満足感大きいが、

ぜひ他のタイ料理と合わせて食べて欲しい。

1+1が2以上になることまちがいなし。

 

シンプルだが、

だからこそ、なにとも合わせられるし、

だからこそ、旨さがストレートに伝わってくる。

191042

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestBuffer this pagePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です